乳酸菌と食物繊維を摂取しましょう!

便秘で悩んでいて、排便はもう数日もないという方もいると思います。

慢性化してしまっている人にとっては、うんちが出ない状態が当たり前になっており、あまり気にも止めていない方も多いと思います。

しかし、便秘の症状が続いてしまうと、体に害を与えてしまうこともありますから、しっかりと改善していくことが必要です。

では、何日も排便がないという人が知るべき「腸の働き」について紹介します。

便の排出ができていない人は、腸内環境が崩れてしまっている状態と言えます。

腸が元気のない状態となってしまえば、排出するスピードが遅くなってしまいます。

そして、その間に便から水分が抜けてしまい、排出の際にコロコロとした小さな便が出たり、固い便になってしまいます。

こうなってしまうと、排出するのも大変ですし、お腹もすっきりした状態にはなりません。

健康な腸というのは、腸が元気に動いている状態です。腸の動きが活発になれば、自然な排便ができる様になるということ。

このように、便秘を改善していくためには、腸内の環境を整え、腸を活発に働くように対策を練ることが必要となります。

腸を活発に動かすためには、乳酸菌などの成分が欠かせません。

食物繊維なども効果的で、腸はどんどんと元気な状態に変わってきます。

長い間排便がないという人は、腸の働きを元気にすることから始めてみましょう。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »