妊娠初期や排卵後は便秘がちになる傾向があります。

女性は便秘で悩んでいる人が多いですよね。友達でも便秘症状を抱えている子は必ずいますよね。

実は、女性の二人に一人は便秘症状を抱えていると言われています。

「どうして、女性は便秘になる人が多いのだろう?」と不思議に思われる方も多いのではないでしょうか。

では、女性の便秘の原因について、ご紹介しましょう。

まず、女性に便秘が多いのは女性ホルモンが関係しています。

女性は、妊娠初期の時期や排卵後などには、黄体ホルモンというホルモンがたくさん分泌されます。

実は、このホルモンは水分を吸収してしまう働きがあるため、便を固くしてしまいます。

そのため、女性はこの時期になると便秘の症状が出やすくなります。

また、腸の働きも悪くなってしまいますから、更に症状を悪化させてしまうことになります。

そして、女性の体は赤ちゃんを産むために、骨盤内に腸が落ちている状態。

その結果、男性と比べると便秘を引き起こしやすくなります。

更に、女性の場合には男性と比べると筋力が弱いですよね。

意外かもしれませんが、排便というのは筋肉を使う行為なので、筋力が弱いことで、上手に排便ができなくなることがあります。

このように、女性に便秘が多いのは体のつくりによる原因も上げられます。

「体のつくりが原因なら、仕方がないだろう」と諦めてしまう方もいると思いますが、普段の生活から便秘は改善していくことができますから、健康維持のためにもしっかりと改善させましょう。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »