妊娠中は便秘薬はやめておきましょう。

妊娠中は様々な不安やストレスもありますから、精神的に落ち着かない人も多いと思います。

そして、中には「普段は便秘なんてしないのに、便秘ぎみになってしまった」という人もいます。

実は、妊娠中には多くの女性が便秘の症状を抱える傾向にあります。

どうしてかというと、この時期には生理前症候群の原因同様、黄体ホルモンの分泌量が増えてしまうからです。

そして、つわりなどにより、思う様に食事が取れないことも原因となってきます。

「つわりがひどくて、まともなご飯が食べられていない」という妊婦さんは、食事量が減ってしまうので、便を作りにくくなってしまいます。

「お腹が辛いから便秘薬でも飲もうかしら」と考えるかもしれませんが、妊婦さんは薬の使用は控えた方がいいです。

妊娠中の便秘は、あくまでも一時的なものとなります。

どうしても辛い場合には、産婦人科で相談するようにしましょう。

便秘の症状を抑えるためには、水分補給をしっかりとすることが大切です。

そして、ストレスを溜めないことも重要です。

このように、妊娠中の体というのは、様々な変化で便秘も起こりやすくなります。

妊娠中は、思うように体も動かすことができなくなり、ストレスも溜まりやすくなりますから、上手に発散するようにしましょう。

ストレスは、赤ちゃんにとっても悪影響ですからね。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »