男性の場合、便秘薬を飲んでも効果がない場合があります。

便秘というと、女性がなりやすい症状というイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、最近では男性でも便秘に悩む方が増えてきています。

では、男性の便秘の原因は、どういったことからきているのでしょうか?

男性の場合には、何かあると下痢をしてしまうという人が多いです。

お腹が冷えてしまったり、食べ過ぎてしまったり、ストレスが溜まった時には、下痢を引き起こしてしまう人が多いです。

そのため、男性が便秘の症状を引き起こし、便秘薬を飲むと逆効果となってしまうことがあります。

男性の便秘は「けいれん性便秘」のケースが多く、ストレスが貯まっていることや体が疲れていることで引き起こる症状となります。

こういった「けいれん性便秘」の場合には、便秘薬を飲んでも効果はありません。

なぜなら、大腸が活発になり過ぎてしまい、症状が悪化してしまう可能性があるからです。

男性で便秘かもしれないと思っている人で、便が固い人、お腹に痛みがある人、排便する際に痛みなどがある人、排便後にすっきり感がない人などは、「けいれん性便秘」の可能性が高くなりますので、便秘薬などの利用は避けた方が良いでしょう。

このように、男性の便秘の場合にはストレスや疲れなどが原因となっており、女性とはちょっと違った便秘症状となります。

安易に便秘薬を飲んでしまうと、逆効果となってしまいますので注意しましょう。

その前に、ストレス解消や疲れを取り除くようにしましょう。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »