男性の場合、便秘は何らかの病気の警鐘かもしれません。

男性の場合、「便秘は病気ではないだろう」と甘く考えている人も多いです。

4〜5日排便がなくても、「問題はないだろう」と考えがちです。

しかし、便が出ない日が続き、腹痛が出た場合には注意が必要です。

男性の場合、本来であれば女性に比べ便秘にはなりにくいです。

そのため、男性が便秘の症状を引き起こした場合には、何らかの病気が隠れている可能性があると考えられるんです。

たとえば「大腸ポリープ」です。

「大腸ポリープ」は、悪性のものの場合には、がん化してしまう恐れがあります。

ポリープが小さいうちは症状がないため気づかない方も多いですから注意が必要です。

そして、「大腸がん」も便秘が初期症状として現れることがあります。

便が黒いと感じている、ドロッとしていると感じている、便に血が混じっているなどの変化がある場合には、「大腸がん」の可能性もありますので早めに診察を受けた方がいいかもしれません。

「大腸がん」は早期発見することで、完治させることができますからね。

また、意外に思われるかもしれませんが、男性の場合は便秘が原因となり「腰痛」を引き起こしてしまうこともあります。

便秘となると、お腹が圧迫されてしまいます。そのため、お腹周りの血流が悪くなり、腰痛になってしまう人もいるのです。

このように、男性が便秘を引き起こしてしまった場合には、何らかの病気が隠れている可能性もありますので軽視しないようにして下さい。

いつもと便の状態が違うという時には、早めに診察を受けるようにしましょう。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »