痩せたとしても便秘になったらリバウンドしますよ。

女性なら日常的にダイエットのことを気にしていると思います。

ダイエットをする際には、やはり普段の食事を見直しますよね。

食べる量を極端に減らしてしまうこともあるでしょうし、ダイエットに効果があると話題になったものばかり食べる人もいます。

しかし、このような極端なダイエットが原因で便秘の症状が現れてしまうこともあるのです。

便秘を引き起こす大きな原因に食べ物がありあすから、無理なダイエットをしている方は注意が必要。

便というのは、本来食べたものを排出する行為です。

そのため食事量が減ってしまうことで、便の量も自然と減ってしまうことになります。

量が少ないと、排泄までに時間もかかることになりますから、便秘の症状を引き起こしやすくなります。

「でも、痩せたいから仕方がない」と、便秘の症状よりもダイエットを優先してしまう方もいると思いますが、便秘になってしまったら体内に老廃物が溜まりやすくなるので痩せづらい体質になります。そうなると、リバウンドする可能性が増えてしまいます。

理想のダイエットは食べる量を減らすダイエット法ではなく、基礎代謝を上げるダイエット法です。

基礎代謝を上げるのに一番効果的なのは筋トレです。さらに、体内の筋肉量が増えれば、排便に必要な便を体の外に出す力も付きます。

さらに、食べないダイエットではなく、食べるものを変えるダイエットを心がけて下さい。

まず、普段から野菜を食べてない人は毎日適量の野菜を食べるようにします。

さらに、脂身の少ないお肉や魚を食べるようにして下さい。タンパク質がしっかり摂れるので、筋トレの効果が高まります。

1日のタンパク質摂取量は体重が基準になります。なぜなら、1日の理想とするタンパク質摂取量は体重1kgで1gだからです。つまり、体重50kgの人は50gのタンパク質を1日に摂取する必要があるということです。

基礎代謝が上がれば、リバウンドしずらくなりますし、食べ過ぎてもすぐに燃焼できる体質になります。

ですから、食べる量を減らすダイエットは卒業して、食べる食材を変えて、筋トレをする習慣を作って下さい。


青汁よりも食物繊維たっぷりで
黒酢以上のアミノ酸含有量の
モリンガでお腹スッキリ »